◆西武7-0オリックス(29日・メットライフドーム)

 電光石火の速攻劇で難敵を攻略した。初回。右前打で出塁した秋山に続き源田が榊原に襲いかかった。追い込まれた後の3球目スライダーを振り抜き、右中間を深々と破る先制三塁打。「(初対戦で)球筋も分からない。普段は追い込まれたらいろいろ考えるけど、逆に良かったのかも」。無心のスイングが28日に山本に完封されていた打線をよみがえらせた。

 源田は3回に追加点の起点となる中前打。5回の中前打に続き、6回には左翼線への二塁打を放った。サイクル安打に王手をかけた8回は二ゴロに倒れたが、珍しくフルスイングも披露。「ベンチからも...    
<記事全文を読む>