北秋田市出身で、今年1月に引退した元関脇豪風の押尾川親方(40)が始球式に登場。胸に「Takekaze」と書かれたユニホーム姿でマウンドに上がると、高めにコントロールされたノーバウンド投球を披露した。

 今月中旬から練習を始めたそうだが、マウンドの高さに苦戦した様子。大勢の野球ファンが見守る中での一球に「国技館とは違った客席の圧力を感じた」と振り返った。

...    
<記事全文を読む>