◆西武0-4オリックス(28日・メットライフドーム)

 天国への白星を届けられなかった。今井は8回1失点と力投しながら、同学年の山本との投げ合いに勝てなかった。「山本君と比べると、自分はまだまだでした」。28日は2年前に42歳の若さで亡くなった故森投手コーチの命日。勝利で飾れず、悔しがった。

 初回1死から四球を与え、続く大城に先制の中越え二塁打を浴びた。悔やまれる初回の失点の後は立ち直ったが、打線が3回無死満塁の絶好機を逃すなど、今季3度目の零封負け。一人の投手に完封を許したのは、今季初めてだった。高校時代は夏の甲子園を制した今井の実績が上回るが、プロでの初対...    
<記事全文を読む>