交流戦を終えたプロ野球は28日、セ、パ両リーグの4試合が行われ、同一リーグ同士の対戦が再開した。セはDeNAが2位広島に13―3で大勝し、パは交流戦で優勝したソフトバンクが日本ハムに7―5で逃げ切り、首位を守った。

 ロッテが楽天に6―5で逆転勝ちし、オリックスは西武を4―0で下して5連勝を飾った。

 セ首位の巨人をはじめ、阪神、中日、ヤクルトの4球団は28日は試合がなく、29日に交流戦明けの初戦を迎える。

...    
<記事全文を読む>