◆イースタン・西武1‐5楽天(25日・西武第二)

 不調のため2軍調整中の西武の多和田真三郎投手(26)が25日、1カ月ぶりに実戦復帰した。イースタン・楽天戦(西武第二)に先発。右肘手術からの復帰を目指す則本昂との“エース対決”で6回を6安打5失点。4四死球を与えるなど制球が不安定で球宴前の1軍復帰は見送られた。

 最速148キロを計測して7三振を奪ったが、結果は6回無失点の則本昂とは対照的。3回に3本の長短打などで3点、4回も四死球が絡み2点を失った。「変化球を(重点的に)投げようと話して、そこは良かったけど、真っすぐはいいときと悪いと...    
<記事全文を読む>