日本生命セ・パ交流戦は22日、2位巨人が首位ソフトバンクに7-2で勝ち、優勝決定は23日以降に持ち越された。また、パ・リーグが3勝を挙げて今季通算を54勝42敗4分けとして10年連続での勝ち越しを決めた。

 23日にソフトバンクは2年ぶり8度目、巨人は5年ぶり3度目の優勝(最高勝率を含む)を懸けて直接対決に臨む。勝ったチームが優勝となり、引き分けた場合でも楽天がDeNAに勝たなければ、ソフトバンクの優勝が決まる。

◇巨人7-2ソフトバンク

 巨人が快勝した。三回に丸の適時打と岡本の2点二塁打で3点を先制。六回に...    
<記事全文を読む>