◇広島7-6ロッテ

 広島がサヨナラ勝ちした。6-6の九回に三つの四球で2死満塁から会沢の左前適時打で勝負を決めた。九回に同点を許したフランスアに5勝目が付いた。ロッテは終盤に6点差を追い付く粘りを見せたが、九回にブランドンが崩れた。

 ◇ 

 一回に迎えたプロ初打席。広島の小園は初球、内角への148キロ速球にフルスイングした。豪快な空振りに本拠地のファンがどよめく中、2球目はファウル。そして3球目、外角へのフォークに体勢を崩されながらも、左前へプロ初安打を放った。その後三進すると、西川の三塁打で先制のホームを踏...    
<記事全文を読む>