第90回都市対抗野球大会(7月13~25日・東京ドーム)に出場する日本製鉄室蘭シャークスが18日、青山剛室蘭市長を表敬訪問した。比嘉泰裕監督らが5年ぶり4度目の全国に懸ける抱負を語った。

 峰雪輝史部長(日本製鉄室蘭製鉄所総務部長)と比嘉監督、木田貴博マネジャーらが訪問。青山市長から全国の意気込みを聞かれた比嘉監督は「投手を中心に守備から攻撃につなげたい。誰かではなく全員が仕事をしてくれる状態をつくるのが最初」と語った。

 推薦状と市旗を託した青山市長は「東京にも室蘭出身の人が大勢いる。シャークスのおかげで市民が一体となって応...    
<記事全文を読む>