東北楽天の辰己が八回、ウィーラーの勝ち越し犠飛の後、貴重な追加点となる適時打を放った。
 2死三塁から阪神3番手島本のスライダーを左前に運んだ。「もう1点欲しい場面。(兵庫・社高の先輩の)近本さんが(三回にソロを放つ)ものすごい打撃をしたので負けないようにと思った。理想的なバッティングができた」と満足そうだった。
 この日は2四球も選ぶなど19試合連続出塁をマーク。「自分は足でかき回せられる選手だと思っている。出塁は毎試合意識している」と語った。

...    
<記事全文を読む>