ルートインBCリーグは17日、滋賀県の守山市民球場などで4試合を行い、前期最終戦に臨んだ信濃グランセローズは同じ西地区の滋賀と2―2で引き分けた。2位の富山が勝ったため、ゲーム差は1・5から1になり、残り3試合の富山に前期優勝へのマジックナンバー3が点灯。優勝の行方は18日以降の富山の結果次第となった。

 信濃は二回、2死二塁から松井の左前適時打で先制。五回は1死満塁の好機で田島が押し出し四球を選んで2―0とした。先発ギジェンは7回を7安打無失点の粘投。八回から継投で逃げ切りを図ったが、九回に保田が2失点し、リードを守れなかった。

 三回に内...    
<記事全文を読む>