◆西武10-6ヤクルト(16日・メットライフドーム)

 喜びと悔しさが交錯する本拠地初めてのお立ち台となった。5月19日のオリックス戦でのプロ初登板初先発初勝利以来、約1カ月ぶりの2勝目。松本航が本拠地で初の白星を挙げた。「強いボールをしっかり投げようと思った。先発としてもっと長いイニングを投げないといけない」。ホーム6連戦を勝利で締めても、6回途中2失点では満足できなかった。

 山田哲に初回先頭打者弾を許す苦しい立ち上がり。2回も無死満塁と大ピンチを招いた。「一人一人にしっかり自分の球を投げようと思った。(ストライクを)取りにいって打たれたら、いつもと一緒。チ...    
<記事全文を読む>