西武は1―1の四回に森の適時二塁打とメヒアの2ランなどで3点を勝ち越した。五回には二つの犠飛などで3点を加え、六回に秋山の3ランで突き放した。松本航が六回途中2失点で2勝目。ヤクルトは投手陣が踏ん張れなかった。

...    
<記事全文を読む>