全日本大学野球選手権第4日は13日、神宮球場で準々決勝が行われ、明大(東京六大学)東農大北海道オホーツク(北海道)仏教大(京滋)東海大(首都)が勝って準決勝に進んだ。

 明大は東洋大(東都)に3-0で快勝し、6年ぶりの4強入り。五回までに3点を奪い、森下が完封した。東農大北海道オホーツクは城西国際大(千葉)を8-1の七回コールドゲームで下し、仏教大は昨年優勝の東北福祉大(仙台六大学)に4-3でサヨナラ勝ち。ともに初の準決勝進出を決めた。

 東海大は大商大(関西六大学)に4-3と逆転勝ちし、優勝した2014年以来のベスト4。

<記事全文を読む>