ルートインBCリーグは13日、滋賀県東近江市の湖東スタジアムで1試合を行い、信濃グランセローズは同じ西地区の滋賀に6―2で勝った。前期通算20勝12敗1分けとし、首位をキープ。試合のなかった2位石川とのゲーム差を0・5から1に広げた。

 信濃は三回無死二、三塁から山本の左犠飛で先制し、続く船崎の適時二塁打で加点した。七回に2―2の同点に追い付かれたが、八回に船崎とペレスの連打で無死一、三塁とし、佐野の適時打で勝ち越し。さらに松井の2点二塁打で引き離した。三回に二塁打を放った田島は開幕からの連続試合出塁を33に伸ばした。

 信濃は15日、金沢市...    
<記事全文を読む>