吉田輝星投手のデビュー戦に、地元の秋田県内でも多くの人がパブリックビューイング(PV)やテレビ画面を通して声援を送った。

 秋田市中通のエリアなかいちの「なかいち広場」で行われたPVには約850人が集まった。初回のマウンドに上がる様子が大画面に映し出されると、会場は一気に盛り上がり、ストライクを取るごとに大きな拍手が送られた。勝ち投手の権利をかけた5回を投げ切ると、昨夏の甲子園の盛り上がりを思い起こさせる大歓声に包まれた。

...    
<記事全文を読む>