ルートインBCリーグは12日、富山県高岡市の高岡西部総合公園野球場などで3試合を行い、西地区の信濃グランセローズは同地区の富山に0―3で敗れた。今季2度目の零敗を喫し、前期通算19勝12敗1分け。順位は首位のままだが、2位石川とのゲーム差は1から0・5に縮まった。

 信濃は一回に先発ギジェンが先制を許し、四回には失策から2点を失った。一回1死二、三塁の好機で先制点を挙げられなかったのが響き、中軸の船崎、ペレスがともに3三振するなどつながりを欠いた。一回に四球を選ぶなどした田島は開幕からの連続試合出塁を32に伸ばした。

 信濃は13日、滋賀県東近江市の湖東スタジア...    
<記事全文を読む>