全日本大学野球選手権第2日は11日、東京ドームなどで1、2回戦が行われた。2回戦から登場した昨年優勝の東北福祉大(仙台六大学)は創価大(東京新)を1-0で下し、準々決勝に進んだ。楠本が五回にソロ本塁打を放った。
 1回戦で、東海大(首都)は八回に海野が逆転の2点打を放ち、立命大(関西学生)を4-3で下した。桐蔭横浜大(神奈川)は2016年優勝の中京学院大(東海)に8-7でサヨナラ勝ち。福井工大(北陸)は5-3で上武大(関甲新)を破った。
 東農大北海道オホーツク(北海道)は近大工学部(広島六大学)に6-5、大体大(阪神)は初出場の高知工科大(四国)に3-2と、ともに...    
<記事全文を読む>