ルートインBCリーグ西地区首位の信濃グランセローズは、12日から2連戦に臨む。同地区2位の石川とのゲーム差は1。2連勝中の信濃は前期残り5試合で、白星を重ねて球団初の前期優勝に向けて足場を固めたい。

 信濃は、直近2試合で1試合平均12安打余と打線が好調。中でも田島は31試合連続出塁と1番打者の役割を果たしており、38打点を挙げてリーグ3位の4番ペレスは2試合連続本塁打を放っている。

 12日の予告先発は、雨天中止となった10日の滋賀戦からスライド登板のギジェン、富山がラミレス。13日は前回登板で完封した佐渡か、前回7回2失点(自責点1)と好...    
<記事全文を読む>