第68回全日本大学野球選手権第2日は11日、神宮などで1、2回戦8試合を行い、2016年の初出場優勝以来、2度目の出場の中京学院大(東海)は1回戦で桐蔭横浜大(神奈川)に7-8でサヨナラ負けし、初戦で姿を消した。

 激しい点の取り合いとなり、中京学院大は2点を追う八回に石川凌の左前同点打など、4安打を集中させ2点勝ち越し。だが九回に押し出しとボークで追い付かれ、最後は1死二、三塁から中犠飛を浴びて敗れた。

...    
<記事全文を読む>