◆DeNA7-3西武(8日・横浜)

 いつもより黒星が重くのしかかった。DeNAに逆転負けを喫し、パ・リーグ5球団が勝利する中で西武が痛恨の一人負け。ベンチ裏に姿を見せた辻監督は語気を強めた。「勝てるわけがない。一番やっちゃいけないことをやっているわけだから」。怒りの矛先は、3回途中でKOを食らった榎田に向いた。

 初回に2点の援護を受けたが、2回に3失点であっさり逆転を許した。その内容が悪い。2死三塁から9番の投手井納に右前同点打を献上。下位打線につながれると、桑原に勝ち越し打を浴びた。榎田は「あそこだけはもったいなかった」と反省。指揮官も「(井納に打たれた)...    
<記事全文を読む>