第68回全日本大学野球選手権は6月10日、神宮球場などで開幕する。全国最多の9年連続42度目出場の福井工業大学(北陸)は大会初日の10日、同球場での1回戦で、2013年大会優勝の上武大学(関甲新)と対戦する。中山海斗主将は「相手は強豪。接戦に持ち込み、粘り勝ちしたい」と意欲を燃やしている。

 北陸大学野球春季リーグでは金沢学院大学と激しい優勝争いを繰り広げた。最終週は初戦を落としたが第2、3戦をいずれも2―1で制し、春9連覇を達成。全日本選手権でもロースコアの接戦で試合を進めれば勝機は見えてくる。

 投手陣の柱はクローザーの谷優希。同リーグMVPに輝いた右腕への...    
<記事全文を読む>