通算本塁打868本の世界記録を持つ王貞治さん(79)ら元プロ野球選手5人による少年野球教室が8日、加須市の加須きずなスタジアムで開かれた。王さんはバッティング指導で「打撃の基本はボールをバットの芯で捉えること。集中してボールはしっかり見るように」と教えた。

 同教室は王さんが理事長を務める「世界少年野球推進財団(WCBF)」主催で、全国農業協同組合連合会(JA全農)が特別協賛している。1993年から全国各地で開いていて、今年で27年目。今回は加須市内の少年野球チーム10チーム、約250人が指導を受けた。

 内容は野球の基礎が中心。ストレッチの後、試合を想定して、...    
<記事全文を読む>