神奈川大学野球の春季リーグのベストナインに、関東学院大4年の江崎大輔(21)=佐賀商高出身=が選ばれた。部員174人の大所帯を主将としてもけん引し、「うまくいかない時も我慢する大切さを学んだ佐賀商での3年間のおかげ」と振り返る。

 佐賀商時代はけがに苦しみ、2年冬には左手首の靱帯(じんたい)損傷で手術を受けた。50メートル6・0秒の俊足を生かし、3年夏は9番二塁で出場した。

 関東学院大へ進むと、1年時からメンバー入りし、代走などで出場。3年の春季リーグからレギュラーに定着し、秋には三塁のベストナインを受賞。今春は2番二塁として全14試合に出場し、打率3割6分2...    
<記事全文を読む>