第90回都市対抗野球第2次予選東北大会は第5日の4日、青森県の弘前市運動公園野球場で第1代表決定戦が行われ、本県のきらやか銀行はJR東日本東北(仙台市)に3―6で敗れた。5日の第2代表決定戦に回り、再び本戦出場を懸けて戦う。

 きらやか銀は初回、先発三浦泰志が安打4本を浴び、3点の先行を許した。二回に7番中原北斗の適時打で1点を返したほか、五回に6番島田恭佑のソロ本塁打、六回に4番建部翔太の適時打で1点差まで追い上げたが、継投した投手陣が追加点を奪われた。JRの鈴木琉生(日大山形高出)は8番左翼で先発し、2打数無安打だった。

 きらやか銀は第...    
<記事全文を読む>