ルートインBCリーグは4日、長野県営球場で1試合を行い、西地区の信濃グランセローズは同地区の福井に11―0で大勝した。一つの引き分けを挟んで5連勝。前期通算16勝10敗1分けとし、2位から同率首位に浮上した。

 信濃は一回、ロドリゲスが押し出し四球を選んで先制。二回は押し出し死球とペレスの満塁本塁打で5点を挙げた。三回には2点を加え、序盤で大勢を決めた。リーグ1年目の先発佐渡は9安打を許しながらも要所を締め、初勝利を完封で飾った。

 信濃は5日午後6時15分から、同球場で再び福井と対戦する。信濃の予告先発はギジェン。

...    
<記事全文を読む>