ポジションが変わると見える景色も変わる。鈴木大地内野手は5月29日のファイターズ戦(札幌D)でプロ入り後、初めてレフトでスタメン出場をした。昨年、サードのレギュラーとして活躍したが今季は新外国人としてファイターズからブランドン・レアード内野手を緊急補強。チーム方針から内野を転々とした。サードからファースト。そしてDH。セカンド、ショートを守ったこともあった。そしてこの日、角中勝也外野手が左大腿(だいたい)直筋肉離れで離脱。チームの緊急事態の中、スクランブル起用となった。

    □     ■     □

 「外野を試合で実際...    
<記事全文を読む>