野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は2日、埼玉県営大宮球場で武蔵と対戦、0-1で敗れた。通算成績は16勝1分け12敗。

 栃木GB先発の斎藤誠哉は初回から安定した投球を続けたが、六回に適時打を浴びて先制を許した。打戦は3安打に抑え込まれ、三塁も踏めないまま敗れた。

 次戦は7日午後6時から、小山運動公園野球場で武蔵と対戦する。

...    
<記事全文を読む>