第90回都市対抗野球第2次予選東北大会は第2日の1日、青森県の弘前市運動公園野球場などで2回戦4試合が行われた。初戦に臨んだ本県のきらやか銀行は弘前アレッズ(弘前市)に7―2で勝利し、準決勝に進出した。

 きらやか銀は二回、7番中原北斗の2塁打で先制。六回以降に長短打で5点を奪い、突き放した。投手陣は先発小島康明から2投手をつなぎ、ソロ本塁打2本での2失点に抑えた。

 きらやか銀は第4日の3日、同野球場の準決勝で日本製紙石巻(宮城県石巻市)と戦う。

...    
<記事全文を読む>