1点リードの七回。今永は連続三振を奪うも二塁打を浴び、代打西田にはラミレス監督が申告敬遠を選択した。

 2死一、二塁。左腕はリズムが狂ったのか、代打雄平にも3ボール。エースはマウンドで一瞬首をかしげたものの、「四球でもまだ満塁」と余裕があった。直球2球でカウントを整えて最後はスライダー。空振り三振でピンチを脱し、ほえた。

 ヤクルトが大型連敗中だろうが容赦なかった。「試合前から直球の走りも変化球のキレも良かった」。前夜3勝目を挙げた東の粘投がさらに高い次元の投球へと押し上げてくれたという。

...    
<記事全文を読む>