◇中日7-3巨人

 中日は1-1の三回に高橋の2点二塁打などで3点を勝ち越し、五回にビシエドと高橋の2者連続ソロ、八回に遠藤のソロで加点した。柳が6回5安打3失点で5勝目。巨人は高橋が五回途中6失点と崩れ、3連敗を喫した。

    ◇

 偉業達成が懸かった最後の打席。バットが空を切ると、高橋は口を真一文字に結び、ベンチに戻った。プロ野球新記録となる月間9度目の1試合3安打以上まであと1本に迫り「意識はした」。悔しさは隠せない。ただ「チームが勝ったので良かった」との言葉に偽りはないだろう。

 7得点を挙げたチームで攻撃の中心にいたのは、この日も高橋だ...    
<記事全文を読む>