バレーボールのVリーグ女子2部で、本県のプレステージ・インターナショナルアランマーレは29日、上山市の蔵王坊平アスリートヴィレッジでの強化合宿をスタートさせた。新シーズンに向け、4日間の日程で技術と体力の強化とともにチーム力の向上を図る。

 今季はミドルブロッカー本間有貴(鶴岡北高出)ら13選手が在籍し、新加入で攻撃専門のオポジット宮本菜月がこの日から合流。初日はトレーニング施設「ZAOたいらぐら」で、スパイクレシーブの練習のほか、筋力や体幹の強化トレーニングなどに取り組んだ。

 選手たちは新シーズンに向け、基本技術と基礎体力の向上に重点を置いて練習に取り組んで...    
<記事全文を読む>