バレーボールの黒鷲旗全日本男女選抜大会第5日は5日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で準決勝が行われ、女子でVリーグ1部(V1)9位の岡山シーガルズは、V1で8位の日立にフルセットの末に競り負け、準優勝した2005年以来2度目の決勝進出はならなかった。

 シーガルズは3年連続の準決勝敗退。第1セットを落としたものの第2、第3セットは粘り強い守りでリズムに乗り、ライト高柳有やレフト金田らのパワフルな攻撃で奪い返した。だがミスが目立った第4セットで失速し、最終セットも10―15で屈した。引退試合となった山口は第4セットを除いてコートに立ち、移動攻撃を決めるなど存在感...    
<記事全文を読む>