バレーボールの全日本男女選抜大会第2日は2日、丸善インテックアリーナ大阪で1次リーグが行われ、女子で2連覇を目指すVリーグ1部(V1)のJT(練習拠点・兵庫県西宮市)は3-2でPFUを下し、2戦2勝としてベスト8進出を決めた。東レ、NECなどのV1勢も8強入り。元日本代表セッターの竹下佳江監督が率いるヴィクトリーナ姫路はV1のデンソーにストレート負けして2敗目を喫した。

 男子は早大がV1の豊田合成を3-1で破り、2連勝で準々決勝進出。全日本選手権との2冠を狙うJTや東レなどのV1勢もベスト8に進んだ。昨年の全国高校総体を制した市尼崎高はVC長野に0-3で敗れた。

...    
<記事全文を読む>