バレーボールの全日本男女選抜大会第2日は2日、丸善インテックアリーナ大阪で1次リーグが行われ、男子で昨年の全国高校総体を制した市尼崎高はVC長野に0-3で敗れた。

 グループ戦のみ特別参加している昨年全国高校総体王者の市尼崎高は、2日連続でVリーグ1部(V1)チームの胸を借りた。前日のFC東京に続きVC長野にもストレート負けしたが、「チーム全員で1点ずつ取って成長したい」(栗川主将)という言葉通り、はつらつとしたプレーで見せ場をつくった。

...    
<記事全文を読む>