岐阜県内初の障害者用体育館として県が整備した「県福祉友愛アリーナ」が1日、岐阜市則武にオープンする。車いすバスケットボールやボッチャ、シッティングバレーなど20競技に対応。来年の東京パラリンピックに向けて、隣接する障害者用通年型屋内プール「県福祉友愛プール」とともに、出場を目指す選手たちの練習環境が充実した。障害者スポーツの推進や競技水準の向上を図る中核拠点として活用する。スポーツを通した障害者の社会参加にも弾みが付きそうだ。

 建物は鉄筋コンクリート造2階建て延べ約4700平方メートル。1階の一部は、隣接する岐阜希望が丘特別支援学校が体育館として使用しており、県福祉友愛ア...    
<記事全文を読む>