世界最速タイのプロ12戦目での3階級制覇を達成した世界ボクシング機構(WBO)フライ級王者の田中恒成(畑中、中京学院大中京高出)が29日、名古屋市内で記者会見し、8月24日に同市の武田テバオーシャンアリーナで、同級1位のジョナサン・ゴンサレス(プエルトリコ)と2度目の防衛戦を行うと発表した。

 指名挑戦者でサウスポーのゴンサレスは26戦22勝(13KO)2敗1分け1無効試合で、映像を見た田中は「今までの対戦相手の中で一番速い。テクニックもある」と警戒、畑中清詞会長は「いつも通り、熱い試合を見せたい」と力を込めた。

 2014年3月のプロ第2戦以来、世界戦では初め...    
<記事全文を読む>