2020年の東京五輪を前に全国47都道府県を一巡する聖火リレーの長野県内の予定ルートに、長野市の善光寺が候補として含まれていることが29日、関係者への取材で分かった。善光寺は1998年の長野冬季五輪で、開会式の始まりを告げる鐘を鳴らした場所。正式決定すれば、長野五輪の記憶を想起させる一場面になりそうだ。

 東京五輪の聖火リレーの県内ルートでは、長野冬季五輪のスキー・ジャンプ会場で、日本男子団体が金メダルを獲得した北安曇郡白馬村の白馬ジャンプ競技場もルートの一部として候補に挙がる。他にアルペンスキー会場となった下高井郡山ノ内町、バイアスロン会場だった同郡野沢温泉村も...    
<記事全文を読む>