京都市で四月に開かれた全国大会「日本オリンピック委員会(JOC)ジュニアオリンピックカップ武術太極拳大会」で、金沢桜丘高校一年の松川爽人(あきと)さん(15)が二種目で初優勝した。この大会での優勝は北陸三県で初めて。松川さんは二十七日、金沢市役所で山野之義市長に報告した。

 形の出来栄えを競う武術太極拳のうち、刀を使う「南刀B」と、長い棒を使う「南棍(こん)B」それぞれの男子の部で優勝した。素手の「南拳B」は準優勝だった。

 母親が運営する武術太極拳の「カンフーサークル武練隊」に小学一年の時から所属している。松川さんは「演技はまだ全然納得いっていないけど、一位に...    
<記事全文を読む>