男女混合の団体戦で争ったバドミントンの国・地域別対抗戦、スディルマン杯(中国・南寧)で準優勝した日本代表が27日、羽田空港に帰国し、決勝は応援に回った奥原希望(太陽ホールディングス・大町市出身)は「全体的にベースアップしないと(優勝した)中国のように大舞台で力を発揮できないと思った」と口元を引き締めた。

 各種目で世界上位のメンバーをそろえた日本は優勝候補の筆頭だったが、決勝は中国に0―3の完敗。女子シングルスで世界ランク2位の奥原は対戦相手との相性などを理由にメンバーから外れた。

 それでも出場した予選、準々決勝の2試合はきっちり勝ち、調子...    
<記事全文を読む>