第72回県民体育大会と第14回県障がい者スポーツ大会(いずれも大分合同新聞社後援)の合同開会式が26日、大分市の昭和電工武道スポーツセンターであった。
 今秋のラグビーワールドカップ日本大会の大分開催に合わせ、例年は秋に開催する県体の日程を前倒しした。県体は豊肥ブロックを中心に、6月22~24日を主日程として43競技を実施。障がい者大会は6月2日まで、6競技で熱戦を繰り広げる。
 合同開会式では、1日にグランドオープンを控えた同会場に各郡市の役員、選手ら約1200人が集結した。前年度総合優勝の大分市などが優勝旗などを返還した後、広瀬勝貞知事が「それぞれが県内最高峰の...    
<記事全文を読む>