Jリーグがコンピューターゲームの腕前を競い合う「eスポーツ」の普及に本腰を入れている。4月28、29日にサッカーゲームで争う「eJリーグ」として東京都内で大会を昨年に続いて開催。若年層を中心に広がる新たな動きの発展を後押ししている。

 昨年のほぼ倍増となる355人が参加。オンライン予選を勝ち抜いた35人が競い、優勝者には賞金100万円が贈られた。壇上の特設ステージで試合が行われた準々決勝以降は動画配信され、約38万人の視聴者を集めた。

 Jリーグによると、出場者のうち、高校までにサッカーを経験した選手は約3割。競技歴が結果に反映されないことも特徴だ。海外では億単...    
<記事全文を読む>