重量挙げの全日本選手権最終日は26日に岩手県奥州市で行われ、女子76キロ級で栃木翔南高出の大塚優子(おおつかゆうこ)(21)=東京国際大=がトータル212キロの自己新記録で初優勝した。県勢女子の優勝も初めて。

 大塚はスナッチ2回目で日本学生タイ記録の98キロ、続くジャークも2回目で114キロを成功。トータルで2位の選手と並んだが、先に記録を出したため優勝が決まった。

...    
<記事全文を読む>