全日本スキー連盟が2018~19年シーズンに活躍した選手らをたたえる表彰式が26日、東京都内で開かれ、最優秀選手賞にワールドカップ(W杯)ジャンプ男子で日本人初の個人総合優勝を果たした小林陵侑(土屋ホーム、盛岡中央高)が選ばれた。タキシード姿で登場した小林陵は「また総合優勝できるように頑張りたい」と語った。

 優秀選手賞はノルディック複合で世界選手権3位の渡部暁斗(北野建設)やジャンプ女子の高梨沙羅(クラレ)、スノーボードのW杯ハーフパイプ(HP)で種目別2連覇の戸塚優斗(ヨネックス)らが受賞。スノーボードのW杯女子ビッグエアで種目別優勝を飾った岩渕麗楽(れいら)(バートン...    
<記事全文を読む>