女子800メートル自由形は、猪股(磐田農)が自己ベストを10秒近く更新して頂点に輝いた。前半は隣のコースの福室(飛龍)とトップ争いを繰り広げ、400メートルを過ぎたころから「余裕が出てきた」とペースアップ。ターンを重ねるごとに差を広げ、圧勝した。
 猪股は本来、200メートルと400メートル自由形が専門。800メートルは公式戦では初挑戦だったが、大型連休中に約1週間行った泳ぎ込み合宿の成果を見せつけた。昨年の入賞者ら「自分よりもベストが速い」選手がそろう中、前半は周囲について行き、後半に持ち味の持久力で追い上げる狙い通りの展開に持ち込んだ。「9分を切りたかったという思いもある...    
<記事全文を読む>