シンクランカップ女子ラグビー交流戦(北國新聞社特別協力)は25日、能美市の県ラグビー場で行われた。小松市出身の金島珠璃亜らが所属する東京山九(さんきゅう)フェニックスや追手門学院大、県ラグビー協会の女子チーム「石川撫子(なでしこ)RFC」が白熱した戦いを繰り広げた。
 6月に開催される太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2019鈴鹿大会を前に、東京山九フェニックスと追手門学院大は県内で強化合宿をしている。能美市の日本代表選手合宿誘致事業の一環で、選手は同市のたがわ龍泉閣に26日まで宿泊する。
 児童対象の教室も開かれ、のみこまラグビースクール(小松市)の約20人が選手...    
<記事全文を読む>