女子ハンドボール界に、兵庫ゆかりの新星が誕生した。夙川中・高出身で大体大3年の中山佳穂。今春の関西学生リーグ全勝優勝に貢献し、日本代表に初選出された。26日からは欧州遠征に臨み、代表定着に向けてアピールに全力を注ぐ。

 岡山県出身で中学から強豪の夙川に進学。高校でも得点源として活躍する一方、「技術というよりも人間性。当たり前のことを当たり前にできるように教えられた」と振り返る。あいさつや小さなごみでも拾う生活態度、苦手な授業も指導者から「勝負運を呼び込むための時間」とたたき込まれたという。

 全日本学生選手権(インカレ)6連覇中の名門に進むと、シュートの奥深さを...    
<記事全文を読む>