九月に国内で開幕するラグビーのワールドカップ(W杯)公認キャンプ地の磐田市は二十三日、開幕百二十日前に合わせ、大会の機運を盛り上げる横断幕を、JR磐田駅北口の駅舎壁面に掲げた。七月上旬まで、市民や駅利用者にキャンプ地をアピールする。

 横断幕は横約八・三メートル、縦約一メートル。W杯期間中、掛川市とともに公認キャンプ地として受け入れる、アイルランド、オーストラリア、ロシアの代表チームを紹介。ラグビーボールを持った市のイメージキャラクター「しっぺい」のイラストやW杯のロゴマークもあしらった。

 市内の小中学校などでW杯に関する学びを取り入れたり、磐田でキャンプする...    
<記事全文を読む>