2020年東京五輪で初採用されるスケートボードのパーク。五輪候補の男子笹岡建介(華陽フロンティア高出)に続く、新星の清流アスリートが注目を集めている。笹岡と同じProshop Bells所属で、長森南中1年の岡本碧優(みすぐ)。日本選手権女子パークで準優勝し、2年連続で日本ローラースポーツ連盟の強化指定選手に選出。将来性豊かなホープは「チャンスがあれば五輪にも出たい」と意気込む。

 兄がスケートボードをしていたのがきっかけで、小学2年生のころ競技を始めた。昨年の日本選手権や今年3月の日本オープンを制した笹岡の滑りに魅了され、笹岡の兄で、愛知県あま市の民間施設でスクールを開く...    
<記事全文を読む>