世界卓球の混合ダブルスで銀メダルに輝いた石川佳純選手が22日、日立市東成沢町2丁目の市池の川さくらアリーナで開かれた前期日本リーグに、日立化成のメンバーとして出場、地元の大声援を受けながら、世界トップレベルのプレーを繰り広げた。

試合は同市を拠点とする日立化成のホームマッチとして実施され、約1300人の観衆が詰め掛けた。石川選手はレンタル制度でチームに加わっている。この日はリーグ初戦で広島日野自動車と対戦。石川選手はシングルスで登場し、強烈なサーブレシーブなどで相手を圧倒した。チームも3-0で完勝した。

約1年ぶりに同アリーナで戦った石川選手は「たくさんの人が見...    
<記事全文を読む>