自転車の国際ロードレース「2019ツアー・オブ・ジャパン」第4戦の美濃ステージが22日、岐阜県美濃市内で開催され、国内外16チーム約90人が新緑の美濃路を駆け抜けた。

 同ステージは12度目。コースはうだつの上がる町並みをスタートし、長良川や板取川沿い、急勾配の坂などを巡る21・3キロのコースを周回する139・4キロ。ゴールの美濃和紙の里会館まで激しい駆け引きを繰り広げた。

 沿道には大勢の市民らが詰め掛け、目の前を駆け抜ける選手らに拍手や声援を送った。

...    
<記事全文を読む>